若松駿太が中日から戦力外!成績や年俸推移や現在についても!

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する記事の内容は、10月1日付けで中日ドラゴンズから戦力外通告を受けた若松駿太選手のことについて記事を書いていこうと思っている。

 

中日ドラゴンズは6年連続でBクラスが確定しており、選手の整理を図ったと見られる。

 

さすがにファンも球団としても毎年毎年クライマックスシリーズさえも出場出来ない状況はまずいと判断したのかもしれない。

 

では、一体どんな選手であったのか紹介だ!

スポンサードリンク

若松駿太が中日から戦力外!

 

冒頭でも書いたが、10月1日を持って若松駿太選手は戦力外通告を受けることになった。

 

ヤフーニュースでもトップニュースとして報じられており、中日ドラゴンズファンからも悲しみの声が聞こえていた。

では、ファンはどの様な反応であったのかネット上の声を聴いていこうと思う。

 

ネット上の声

  • まだ若いから、期待していたのだけど残念です。
  • 若松は、一年活躍して継続して欲しかった。
  • 2軍の試合で打たれた後、ふてくされたような態度とったりしてるように見えたし、その辺りの態度も含め、球団側としてはこの先伸びないと判断したのかもしれない。
  • 若松とか見切りが早い気もするが、故障もあったし結果が問われる世界だから仕方ない。

 

ネット上の声を見てみると、球団側の戦力外を擁護する声の方が多かったと思う。

まだ若いのでこれからも頑張って欲しいという声もあった。

 

実力が全てのプロ野球の世界では実力が出せなかった時点で、戦力外にされても仕方がない世界だからな。

 

今後はトライアウトを受けて再起を狙っている様だ。

プロ野球の世界と言うのはどれだけ厳しいのか教えてくれる要因となったのかもな。

 

またに深夜でプロ野球から戦力外を受けた人達の特集番組があるが本当に厳しい現実が待っているかもしれない。

ここで腐ってしまったら、ここまで野球をしてきたことが無駄になってしまうので諦めないで野球を続けて欲しいと思う。

 

スポンサードリンク




 

成績や年俸推移や現在についても!

 

ではこれまでどんな成績や年俸推移であったのか紹介していこうと思う!

 

2014年 7登板 2先発 0完投 勝率.000 防御率4.6

2015年 23登板 20先発 2完投 勝率.714 防御率2.12

2016年 19登板 18先発 3完投 勝率.467 防御率4.06

2017年 7登板 7先発 0完投 勝率.200 防御率1.68

 

2013年 540万円

2014年 540万円

2015年 550万円

2016年 3600万円

2017年 3000万円

 

成績もプロで活躍しているとはちょっと言えない成績ではあるよな。

 

年俸もやっと2016年に3000万円を超えたばっかりであるが、2018年に戦力外通告を受けてしまう事態になってしまった。

 

中日ドラゴンズで在籍した期間は、5年間であり見切りの早い決断を下された結果になる。

 

 

 

ツイッター上では早いという声もあったが、この5年間の成績を見ていると仕方がないと思ってしまう。

 

球団側も給料を払っているので、それなりの活躍をして貰わないといけないのは分かる。

また、まだ23歳と若いので次へのチャンスが大いにあるので他の球団に行ったら活躍出来る場所があると思われたのかもしれない。

 

これからの予定としては、まだプロ野球選手になりたいと諦めていないのでトライアウトを受けることが決まっている。

 

このトライアウトで成績を残すことが出来れば、また違う球団の選手として野球を続けることが可能だ。

 

何度も言うが、幸いなことにまだ若いので次へ進むステップは軽いと思う。

 

せっかくプロ野球選手になれたと思うので、絶対に諦めないで欲しいと思う。

 

これまでかなり厳しい練習を毎日して来たと思うので、簡単なことでは諦めないと思うが、次に行く球団の為にもどの様な進路を取るのか決まり次第、追記していこうと思っている。

 

【まとめ】

  • 若松駿太選手が戦力外通告を10月1日付けで受けてしまった。
  • 今後はトライアウトを受けることになっているが、まだどこの球団に行くかは決まっていない。

 

今後の動向に注目したい!

 

 

スポンサードリンク




注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください